筱風和暢

明日も僕は梦うつつ、このまま僕は消えていいのに。